独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 診療科について > 診療科 > 緩和医療内科

緩和医療内科

外来担当医一覧表

在宅支援型緩和ケア病床"

  緩和ケア病床は、抗がん治療を終えた方や希望されない方の、がんに伴う体のつらい症状や苦しさ、心のつらさを和らげる治療・ケアを専門的に行う病床です。 医師・看護師のみならず多職種のスタッフがチームを組み、全人的医療を行ないます。 一般病床よりもゆとりある病室で、患者様やご家族が穏やかに過ごして頂ける様、配慮いたします。
 緩和ケア病床では、よりよい療養生活を送れるように、患者様やご家族と一つ一つの 治療・ケアを丁寧に相談しつつご意向を尊重しながら行っています。 そのため緩和ケア病床は患者様自身が病名をご存知の上で、 緩和ケア病床の意義を理解いただいた方が入院の対象となります。(病状を受け入れる過程の苦痛も軽減できるようにお手伝いいたします)。
 つらい症状が緩和された時には、速やかにご希望される療養場所へ移れるよう、入院と同時に調整を行っていきます。 療養場所としては、訪問診療を利用しながらの自宅または介護施設や、ご自宅への退院が困難な場合の療養病院、長期療養が可能な緩和ケア病棟(ホスピス)があります。

緩和ケア病床の基本方針

  1. 体と心の痛みの緩和に努めます。
  2. 患者さん・ご家族のお気持ちを尊重し、その人らしく過ごせるように支援します。
  3. 治療方針については、患者さんとご家族も交えてスタッフが十分に話し合いを行ったうえで決定します。
  4. 医師、看護師、薬剤師、ケースワーカー、栄養士、理学療法士などの多職種によるチームで、最善のケアに努めます。
  5. 他の医療機関との連携を図り、症状が落ち着けば、在宅医療や介護施設、ホスピスなど希望される療養環境に退院できるよう、支援を積極的に推進します。

対象となる患者さん

抗がん治療が困難または希望しない方で、がんに伴う苦痛症状が強い方で、以下の要件を満たしている方


  • 病名が告知されている方
  • がんによるつらい症状があり、緩和ケア(症状緩和)が必要な方
  • 手術や化学療法、免疫療法などの抗がん治療をおこなわず、がんにともなう苦痛をやわらげたいと希望する方
  • 苦痛を強め、つらい時間を延ばすような延命処置(人工呼吸や心臓マッサージなど)を行わないことを了解されている方
  • 苦痛症状が緩和された時には、ご希望される療養先(ご自宅、長期療養型の緩和ケア病棟(ホスピス)、療養病院、介護施設)へ退院となることを了解されている方
  • 「災害医療センター在宅支援型緩和ケア病床への入院をご希望される方へ 」(クリックするとダウンロードできます)

緩和ケア病床で行う治療について

  • 病気に伴った痛み、吐き気、だるさなどの体のつらさに対して、鎮痛薬(医療用麻薬を含む)などの薬剤を用いて、苦痛緩和の治療をいたします。
  • 症状緩和を目的とした放射線治療、輸血や輸液、腹水穿刺などは、スタッフ間で十分に検討し、医学的な必要性ばかりを優先するのではなく、患者さん・ご家族と相談しながら行います。
  • 苦痛を伴う検査や処置は、つらい症状を和らげるために必要な最小限のものを行います。

緩和ケア相談外来

緩和ケア病床のご入院には、「緩和ケア相談外来」を受診していただく必要があります。
受診時には下記の書類が必要です。外来当日には、ご持参いただいた書類をもとに、患者さん、ご家族からお話を伺いますので、必要な書類は必ずご持参ください。


【受診時にお持ちいただく書類(必要書類)】

  1. 緩和ケア病床入床用情報シート(ダウンロード)・・・・・ご紹介くださる医師、医療機関が記入
  2. 患者さんへの質問シート(ダウンロード)・・・・・患者さんが記入できない場合、ご家族が代理で記入されても結構です
  3. ご家族への質問シート(ダウンロード)
  4. 診療情報提供書
  5. 画像データなどの検査結果
  6. 保険証や医療証

   1から3はクリックするとダウンロードが出来ます。


外来日; 毎週月曜日(祝休日を除く) 9:00~12:00 完全予約制
担当医 野村まなみ(緩和医療内科)


入床を希望される患者さんへ

緩和ケア相談外来受診から緩和ケア病床入院までの流れ


ご紹介くださる医療機関へ

外来予約・受診の方法

●完全事前予約制となっております。 時間外、緊急対応はしていません。

『診療依頼書』・『緩和ケア病床用情報シート』(ダウンロード)・診療情報提供書を、地域医療連携室にFAXしてください。
※ダウンロード、印刷できない場合は、地域医療連携室へご連絡ください。用紙を郵送またはFAXで送付させていただきます。


受診日時が決定しましたら、地域医療連携室から外来予約票をFAXで返信いたします。
※お申込みから返信まで、数日かかることがあります。


患者さん・ご家族に、『外来予約票』・『緩和ケア病床用情報シート』(ダウンロード)・診療情報提供書・画像情報・血液検査結果などをお渡しください。
また、保険証、患者さんとご家族が記入された『患者さんご家族への質問シート』(ダウンロード)、お薬手帳と共に診察日に持参するよう、ご指示願いします。


診察後、入床審査を経て、入院の可否を診療情報提供書で返信いたします。
入院日は、患者様へ当院MSWより電話でお知らせいたします。


緩和ケア相談外来では処方は行いません。
当院緩和ケア病床への初回入院までは、貴院での診療継続や緊急時の対応(入院)をお願いいたします。

スタッフ紹介

【役職】

医師

【氏名】

野村 まなみ

【資格】

日本麻酔科学会専門医、麻酔科標榜医、ペインクリニック専門医、
緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者

野村 まなみ

野村 まなみ

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター