独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 診療科について > 診療科 > 眼科

眼科

外来担当医一覧表

診療内容

当科では、近視や結膜炎などの日常多く見られる疾患から、視神経視・視路障害まで幅広く診療しております。白内障手術は、原則として入院して受けていただいています。とくに、高齢で内科的合併症のある方や、身体障害のために、術後の頻回通院が困難な患者さんは、積極的に受け入れて、手術させていただいています。また、YAGレーザーによる後発白内障治療も、行っております。糖尿病網膜症などの眼底疾患に対しては、蛍光眼底撮影を行って網膜光凝固を行っています。また最近増加している、黄斑部疾患の診断に欠かせない、ICG蛍光眼底撮影が可能です。緑内障に対しては、従来からの視野検査に加え、特殊な前眼部超音波断層撮影も可能になり、正確な診断ができるようになりました。必要な患者には、緑内障手術を行っています。

代表的疾患

屈折異常(眼鏡、特殊コンタクトレンズ)、角膜疾患、結膜疾患、白内障、後発白内障、緑内障眼底疾患(糖尿病網膜症、黄斑変性症など)ぶどう膜炎、視神経・視路疾患・眼球運動異常、成人の斜視、眼外傷、他

その他

最近は、特殊検査目的やセカンドオピニオン(別の医師の意見が聞きたい)目的で、受診する方も増えております。可能な限り、今診てもらっている先生から、紹介状をもらってから受診してください。
身体障害者福祉法15条指定医(視覚障害)ですので、該当する方には手帳申請のための診断書を作成いたします。

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター