独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 診療科について > 診療科 > 消化器・乳腺外科

消化器・乳腺外科

外来担当医一覧表

消化器・乳腺外科のご案内

 北多摩西部医療圏の基幹病院として消化器悪性疾患、乳腺疾患と腹部救急疾患、体表疾患などの外科治療を行っています。2020年度現在、外科専攻医2名を含む10名の常勤医師により、手術治療、抗癌化学療法および腹部急性疾患手術を中心に診療しております。

診療内容

 当科は食道から肛門までの消化管および肝臓、胆道、膵臓などの実質臓器腫瘍、乳癌をはじめとする乳腺疾患、その他血液、代謝疾患に伴う消化器手術なども担当しております。"5大がん"のうち肺がんを除く4臓器領域がんが当科治療の対象になります。各臓器の癌治療ガイドラインが既刊されておりますが、当科はガイドラインを遵守して、一般の人にも解かりやすい文章で治療提示して迅速に手術療法、薬物療法を展開しております。また、必要に応じて抗がん剤と放射線照射を組み合わせた化学放射線治療や、手術前抗がん剤治療(術前化学療法)を実施して、肛門温存を志向した"QOL(=生活の質)の良い直腸癌手術"や、根治切除の切除境界領域上にあった食道癌、胃癌、膵臓癌などの治癒切除を可能にして"生存に寄与するがんの手術"を常に模索しております。その他、良性疾患である胆道結石症、鼠径ヘルニア、腹壁ヘルニアなどや、腹部急性疾患である虫垂炎、腹膜炎などの手術も当科の担当となっております。
  すべての手術は日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医・専門医、日本乳癌学会専門医を含む各臓器の専門医が執刀または責任医師として実施しております。また薬物療法、放射線療法は上記指導医や院内の他部門の医師達と協議の上決定されます。
  当院ではご高齢の方や合併症(余病)をお持ちの患者さんが多いのですが、安全性を考慮しつつ癌治療ガイドラインが規定する範疇で、体に負担の少ない鏡視下手術(腹腔鏡手術)を積極的に行っております。食道癌、胃癌、大腸癌はもとより血液疾患における治療対象の脾臓手術も鏡視下手術の対象です。その他、他領域の常勤専門医(泌尿器科、形成外科など)との協力体制も整っており、乳房同時再建手術や腹壁再建手術、進行癌の他臓器合併切除再建術なども多数実施しております。年々治療対象の患者さんの高齢化も進んでおりますが、年齢で手術の制限は設けず、同様に薬物療法でも一概に高齢を理由に排除せず、また中等症以上の余病をお持ちの方でも可能な限り積極的な治療を行っており、地域がん診療連携拠点病院として常に地域完結型医療の提供を目指しています。
  最後に特に乳がん診療に関して追加説明します。当院では日本看護協会が養成認定した「乳がん看護認定看護師」1名を配置し、治療開始前後には医師からの説明だけでなく、認定看護師のみで患者さんや御家族と面談できるよう時間を設定するようにして、治療理解度の把握や心情の理解に努め適切な治療を行えるよう準備しております。また資格を有した看護師2名による「リンパ浮腫外来」も行っておりますのでご相談頂けたら必要に応じ適宜対応致します。

ページ上部へ▲

当科の乳がん診療の特徴

 乳癌患者数は年々増加しており特に20~40代と若い世代で増加していることが特徴です。例年当院で治療される方は70才代の方が最も多い年代ですが、ここ数年は40才代以下の若年者の方々の割合も20%と増加してきています。長期生存が可能な"がん"であり"生活の質"の向上を目指した治療選択が要求されます。当院の傾向としては手術対応した約半数がStage0~Ⅰの早期癌です。早期癌でも乳房全切除が必要な方には、形成外科医師と共同のもと切除と同日に再建を行う同時乳房再建術をお勧めし施行しています。一方、多臓器に転移したStageⅢB以上の乳癌や再発乳癌も当科にて治療対応しております。2018年に改訂された乳癌治療ガイドラインを適切に運用して薬物療法を展開しており、治療開始と同時の緩和治療、カウンセリング介入を心がけています。

当科の胃癌診療の特徴と成績

 2018年に改訂された胃癌治療ガイドラインにより、全国的に従来の治療方針が大幅に転換されました。大きなところでは、手術では胃全摘術における隣接臓器である脾臓合併切除の位置付けが変更され、StageⅢA-ⅢCにおける術後化学療法(抗癌剤治療)の至適治療が開示され、切除不能進行・再発胃癌に対する3次化学療法までの抗癌剤が規定されました。その他多数ある変更点を詳細に顧みて適切に治療法を選択しております。
 当院の特徴として、残念ながら従来から多い腹膜転移を強く疑われる進行癌に対しては、審査腹腔鏡(腹水細胞診)手術を経た後に化学療法を行い、治癒切除術を目指しております。これは腹水細胞診が陽性でも、腹膜転移が軽微である進行癌では、化学療法後の従来型の大きな手術で治癒に至る症例もあるからです。当院で2010年-2014年に治療したStageⅣ胃癌29例中では3例が無再発生存で5年生存を得ております。

当科の大腸癌診療の戦略

 大腸癌は肺癌に次いで罹患率の高い癌の一つになっており、全病期を合わせた生存率は5年生存72.1%とされ長期生存の望める病気です。改訂された2019年大腸癌治療ガイドラインでも新規の抗癌剤が登場し治療選択肢が更に広がりました。
 直腸癌に対しては肛門温存の戦略として、術前放射線化学療法(放射線28回+TS-1内服28日)施行後の腹腔鏡手術なども行っております。また肝臓に転移したStageⅣ大腸癌であっても当院では化学療法と手術を適切に組み合わせGradeAの肝転移(大腸癌取り扱い規約2018年版p16記載)症例に対しては積極的に手術を行っております。一方、再発症例では推奨される全ての薬物療法を行うことを心がけ、遺伝子検索で適応が確認されれば、新規免疫療法剤(Pembrolizumub;キイトルーダ®)も取り入れ長く治療を継続出来るように努めております。その他、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患に対しても必要に応じ手術治療しております。

ページ上部へ▲

膵癌の治療

 膵癌を切除可能性分類基準にしたがい診断します。切除可能群は切除を優先します。切除境界群、切除不能群と診断した膵癌に対して多剤併用化学療法を実施し、病勢をコントロールして、積極的に切除をすすめています。切除後は再発予防を目的とした経口抗がん剤TS1 の内服治療を行っています。外科治療は膵癌にたいし1996年以来2019年の間に176 例の切除を実施してきました。膵癌にたいし膵頭十二指腸切除術、膵尾側切除術を始め 膵全摘術、腹腔鏡動脈幹合併切除、門脈切除再建を附加して根治切除を行います。当科の切除後5年生存率は20.7 %です。膵癌の病勢コントロールをできる有効な抗がん剤がなかった2000年以前には3 年生存を得るのみでした。しかし2000年以降 点滴抗がん剤ゲムシタビン、経口抗がん剤TS1 が認可され、2014年末以降は新規多剤併用療法の抗がん剤が登場し生存率の改善に寄与しています。

胆道癌の治療

 胆道癌は部位により十二指腸乳頭部癌、遠位胆管癌、近位胆管癌に分類されます。外科切除がもっとも生命予後の改善に寄与します。根治切除は十二指腸乳頭部癌、遠位胆管癌に対し膵頭十二指腸切除術を施行します。近位胆管癌(かつては肝門部胆管癌といいました)は拡大肝葉切除を基本にしています。手術前に肝臓の耐術能を評価します。肝葉切除が不安な場合には切除予定肝葉に門脈塞栓を行います。残肝予定肝を肥大化して肝不全の危険を軽減して根治切除を提供しています。2019年までの当科の切除後の5年生存率は、十二指腸乳頭部癌が62.6% 、遠位胆管癌が36.1%、近位胆管癌が 19.9%です。抗がん剤はゲムシタビン、シスプラチン療法等の多剤併用療法を基本に提供しています。

過去5年間の手術件数一覧


2015

2016

2017

2018

2019

総手術件数

617

621

544

533

585




食道癌

胃癌

68

65

53

40

44

大腸癌

105

108

107

99

101

肝胆膵癌

33

31

41

33

51

乳癌

53

59

67

55

61

良性疾患
その他

354

349

274

300

322


2015

2016

2017

2018

2019

腹腔鏡手術総数

166

164

172

208

205

腹腔鏡下
胆嚢摘出術

75

68

44

66

73

腹腔鏡下
胃切除術

20

14

19

16

17

腹腔鏡下
大腸除術

25

50

58

50

67

腹腔鏡下
脾臓摘出術

腹腔鏡下
虫垂摘出術

23

22

15

22

腹腔鏡下
ヘルニア手術

15

33

40

23

その他

11

15

ページ上部へ▲

消化器乳腺外科で行っている臨床研究

当科では、国立病院機構の多施設共同研究をはじめとする共同臨床研究や単施設研究を行っております。

  1. 胃癌、術後補助化学療法のコンプライアンスと有害事象の検討(単施設研究)
  2. ※詳細はこちら
  3. 同時性肝転移を伴うStageⅣ 大腸癌における肝切除症例の検討(単施設研究)
    ※詳細はこちら
  4. 膵がん切除後の補助化学療法におけるS-1単独療法とメトホルミン併用療法の非盲検ランダム化第Ⅱ相比較試験(多施設共同研究)
  5. 乳房切除後局所再発症例の検討(単施設研究)
  6. ※詳細はこちら
  7. サージカルグローブ着用が末梢神経症状軽減に与える影響についての研究(単施設研究)
  8. ※詳細はこちら
  9. 当科で経験した非浸潤性乳管癌の術前画像評価の検討
  10. ※詳細はこちら

お知らせ

専門医制度と連携したNCDデータベース事業について
 病院医療の崩壊や医師の偏在が叫ばれ、多くの学会や団体が医療再建に向けて新たな提言を行っています。 こうした中で、患者さん目線の良質な医療を提供するために、臨床に関連する多くの学会が連携し、 わが国の医療の現状を把握するために立ち上げられたのが『一般社団法人National Clinical Database』です。 この法人における事業を通じて、治療成績向上や外科関連の専門医の適正配置の検討が可能となります。
 外科系手術データベース事業は、日本全国で行われた手術・治療情報を匿名化のうえ登録し、集計、 分析することで医療の質の向上に役立て、患者さまに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
 当科でもNCDの趣旨に賛同し、この事業に参加しておりますので、何卒趣旨をご理解の上、ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。
NCD事務局(http://www.ncd.or.jp/)
患者さまの診療で用いた検査データ、保存検体等を症例報告、臨床研究等に使用させて頂くことがあります。 この場合は、患者さまを特定できないような形で使用させて頂きます。データ使用により、お名前やご住所などの個人情報が外部に流出することは一切ございません。
なお、このようなご利用を希望されない場合には、主治医にお伝えください。
ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

ページ上部へ▲

スタッフ紹介

【役職】

副院長

【氏名】

伊藤 豊

【資格】

医学博士
日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本消化器病学会専門医・指導医
日本膵臓学会指導医、日本胆道学会認定指導医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、緩和ケア研修会受講終了者

伊藤 豊

伊藤 豊


【役職】

消化器乳腺外科部長

【氏名】

若林 和彦

【資格】

医学博士
日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本食道学会食道科認定医
緩和ケア研修会受講終了者

若林 和彦

若林 和彦


【役職】

医長

【氏名】

寺西 宣央

【資格】

医学博士
日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医
日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、
日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
緩和ケア研修会受講終了者

寺西 宣央

寺西 宣央


【役職】

医長

【氏名】

深堀 道子

【資格】

日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医
日本乳癌学会乳腺専門医、日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療、認定医緩和ケア研修会受講終了者

深堀 道子

深堀 道子


【役職】

医師

【氏名】

髙橋 深幸

【資格】

日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本消化器病学会専門医
日本乳癌学会乳腺専門医、マンモグラフィ読影認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医、緩和ケア研修会受講終了者

髙橋 深幸

髙橋 深幸


【役職】

医師

【氏名】

服部 桜子

【資格】

日本外科学会専門医、緩和ケア研修会受講終了者

服部 桜子

服部 桜子


【役職】

医師

【氏名】

蓑島 考

【資格】

緩和ケア研修会受講終了者

蓑島 考

蓑島 考


【役職】

医師

【氏名】

田口 慶祐

【資格】

緩和ケア研修会受講終了者

田口 慶祐

田口 慶祐


【役職】

医師

【氏名】

岡﨑 爽乃

【資格】

緩和ケア研修会受講終了者

岡﨑 爽乃

岡﨑 爽乃


【役職】

産業医

【氏名】

末松 友樹

【資格】

日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、
日本がん治療認定医機構がん治療認定医、
緩和ケア研修会受講終了者

末松 友樹

末松 友樹

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター