独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 診療科について > 診療科 > 腎臓内科

腎臓内科

外来担当医一覧表

お知らせ

2018年度より腎代替療法の説明を開始しました。
         腹膜透析導入、管理を再開しました。
         超音波ガイド下のシャント血管拡張術を開始しました。

【腎代替療法】

腎代替療法には血液透析の他、腹膜透析、腎移植の計3種類の療法があります。
それぞれの治療に長所,短所があり、どの療法が適しているかは個々の状態や生活環境により異なります。
患者様それぞれに適切な腎代替療法を提供するために、2018年度より看護師による腎代替療法についての説明を始めました。

【腹膜透析】

腹膜透析の大きな長所として、血液透析に比べて残腎機能(透析導入後に残っている腎機能)が長く保たれる、1回の治療の負担少ない、通院回数が少ない事などが挙げられます。
自科でカテーテル留置、腹膜炎対応、出口部変更術やカテーテル位置異常の修正など対応しております。

【超音波ガイド下シャント血管拡張術】

また、血液透析施行中の患者様への対応として2018年度より超音波ガイド下の血管拡張術を始めました。シャントトラブルにつきましても、緊急、準緊急例を含めた対応を行っております。
(人工血管には対応しておりませんのでご了承ください)

治療内容

  1. IgA腎症をはじめとする急速進行性糸球体腎炎(RPGN)や紫斑病性腎炎、
    原発性糸球体疾患及び一次性ネフローゼ症候群、二次性ネフローゼ症候群(原因精査の為の腎生検の実施)
  2. 糖尿病性腎症
  3. 常染色体優性多発性嚢胞腎の内服薬(バゾプレッシン受容体阻害剤)による治療
  4. 高血圧、狭心症、心筋梗塞後に伴う腎硬化症由来の慢性腎臓病
  5. 透析導入前の待期療法及び内シャント手術
  6. 慢性腎臓病(CKD)の進展予防及び末期腎不全に対する透析導入



*血液浄化療法室(8床)での全ての血液浄化療法を当科で担当しております。月曜日~土曜日・祝日、午前・午後2クールで血液透析、血液濾過、血液濾過透析、血漿交換、免疫吸着等、多くの血液浄化療法を行っております。

スタッフ紹介

【役職】

医長

【氏名】

河﨑 智樹

【資格】

日本内科学会認定内科医、日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医、日本透析医学会専門医
難病指定医、身体障害者福祉法指定医
東京医科歯科大学臨床准教授

河﨑 智樹

河﨑 智樹


【役職】

医師

【氏名】

河本 亮介

【資格】

日本内科学会認定内科医

河本 亮介

河本 亮介


【役職】

医師

【氏名】

矢島 理香

【資格】

日本内科学会認定内科医

矢島 理香

矢島 理香


【役職】

医師

【氏名】

東山 揚

東山 揚

東山 揚

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター