独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 診療科について > 診療科 > 循環器内科

循環器内科

外来担当医一覧表

循環器内科のご案内

欧米人に比較すると、日本人は心臓や血管の病気は少ないといわれていますが、文化・食生活の変化のみならず日本人の高齢化に伴い、循環器医が診る患者さまは増えてきております。日本人の6分の1は心臓血管系の病気で亡くなられており、しかも、他の病気にくらべると循環器の病気は、先ほどまで元気だった人でも、あっという間に悪くなりうるという特徴があります。循環器科の医師は、災害時の救助隊のように、いつでもどこでも対応できるような体制で診療にあたっています。
現在、当院の循環器科医は12人(内、循環器専門医資格者7人)おり、日本循環器学会教育施設、日本心血管インターベンション治療学会教育施設、東京CCUネットワーク加盟施設、植え込み型除細動器、ローターブレーター施設、日本不整脈学会・心電学会認定不整脈専門医研修施設に認定されております。

診療内容

循環器疾患一般ですが、急性心筋梗塞や重症心不全などの心臓の急性疾患のみならず大動脈解離(心臓血管外科と協同)や肺塞栓症など血管系の緊急疾患の治療にもあたります。
また、高血圧・脂質異常症など動脈硬化を促進する疾病も対象疾患であり、予防医学的アプローチも行っています。

代表的疾患とその治療法

  1. 急性心筋梗塞・不安定狭心症:一般に胸痛、胸部圧迫感、胸部絞扼感などを自覚します。顎や左手などに痛みを感じることも(放散痛)あり、特に心筋梗塞では、冷汗をかくほどの強い痛みであることが特徴ですが、糖尿病の患者さまなどでは症状が弱いこともあります。
  2. 心不全:息切れ、呼吸困難、下腿のむくみなどで、一般に体重が短時日に増加します。寝ていると苦しくなる(起坐呼吸)こともしばしば認められます。
  3. 洞不全症候群・高度房室ブロック:脈が少ないためにめまい・失神などを生じます。
  4. 心房細動:心臓内にできた血栓がはがれて脳の血管に詰まると脳梗塞症状がでます。
  5. 心室細動:数秒から数十秒で意識消失、心肺停止になります。119番要請と直近のAEDを探しに行ってもらい、ただちに胸骨圧迫を開始しましょう。

手術・検査

PCI(経皮的冠動脈形成術):いわゆる風船療法と呼ばれるもので、バルーン・ステント・ローターブレーターなどで狭窄している血管を拡張します(1.の治療)。
アブレーション:脈の速い不整脈の根治治療で、カテーテルで不整脈のもととなっている心筋を焼いて治療します(焼灼術、4.の治療)
通常の高周波アブレーションに加えて、冷凍凝固バルーンまたは、ホットバルーン治療が可能です。
ペースメーカー植え込み術:徐脈性の不整脈に対して機械で心臓を刺激します。(3.の治療)。
デバイス治療:植え込み型除細動器(ICD)、ICD付き心室再同期療法(2.、5.の治療)。


画像をクリックすると拡大します

ページ上部へ▲

外来日

病診連携の推進:立川市など近隣の医師会の先生方と協力して、急性心筋梗塞にて入院した患者さまが、退院後に安心してかかりつけの先生にかかることができるよう、急性心筋梗塞治療後の外来診察を標準化するための一定の様式の診察チェックリスト(医療クリニカルパス)を作成し、2008年6月から運用を開始しています。病院-かかりつけ医の間で医療連携パスを用い、普段はかかりつけの先生で診察・投薬・検査を受け、退院半年後などに受ける詳しい検査や緊急時は病院で対応するシステムを作りました。

外来担当日

**不整脈センターを開設し、平日は毎日不整脈担当医の診療があります。


月曜

新患:佐々木(午前・午後 不整脈センター)、近江(血管外来) 

再診:瀬上(午後)

火曜

新患:佐々木(午前・午後 不整脈センター)、虚血担当

再診:有田(午後)

禁煙外来 清水(午後、予約) ペースメーカー外来 不整脈担当(午後、予約)

水曜

新患:大野、戸舎(午前・午後 不整脈センター)

再診:清水、土屋

木曜

新患:清水、早坂(午前・午後 不整脈センター)

再診:大野、榊原

金曜

新患:清水、杉山(午前 不整脈センター)

再診:近江、杉山(午後)、土谷、秋元(午後)

治療を受けられる患者さんへ

循環器内科で行っている臨床研究

  1. 「持続性心房細動に対するカテーテルアブレーション治療後の不整脈再発リスクに関する研究」(単施設研究)
    現状当院で施行している持続性心房細動に対するカテーテルアブレーション治療後の経過を調べることで、今後のカテーテルアブレーション治療における質の向上に役立たせることを目的としております。
  2. 「循環器診療の実態調査」(多施設共同研究)
    当院では、日本循環器学会が実施する全国的に循環器診療の実態調査を展開して診療実態を具体的な数で把握するためのデータベース構築として「循環器疾患診療実態調査(JROAD)」を行っています。
    病名や診療行為の明細が含まれたDPCデータを集め、データベースを作成します。循環器診療の質を向上させるための基本的な資料とすることを目的としています。
    ※詳細はこちらをご参照下さい
  3. 「東京都における心血管(循環器)緊急症の実態調査」と「東京都における急性大動脈症の実態調査」(いずれも多施設共同研究)
    当院では、東京都CCU連絡協議会が実施する循環器診療の実態調査を展開して診療実績を具体的な数字で把握するためのデータベース構築として 「東京都における心血管(循環器)緊急症の実態調査」と心臓血管外科と協力して「東京都における急性大動脈症の調査」の多施設共同研究に参加しています。 心血管緊急症および急性大動脈症の、より良い救急医療体制と治療方法を検討し、今後の診療改善に役立てることを目的としています。
  4. 「SATAKE・HotBalloonカテーテル使用症例に対する全国観察研究」(多施設共同研究)
    当院では、2018年4月1日~2019年8月31日に心房細動に対してホットバルーンカテーテルを用いてアブレーションを施行した患者さんを対象として、 ホットバルーンカテーテルによる治療の有効性および安全性を調査するための多施設共同研究に参加しています。 本研究は、ホットバルーンによる治療の現状を把握することで、今後のホットバルーン治療の質の向上に役立てることを目的としております。
    ※詳細はこちらをご覧ください
  5. 「カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ)」(多施設共同研究)
    当院では、カテーテルアブレーションによる治療の現状(施設数、術者数、疾患分類、合併症の割合等)を把握することにより、 カテーテルアブレーションの不整脈診療における有効性・有益性・安全性及びリスクを明らかにし、 更に質の高い医療を目指すことを目的とする多施設共同研究に参加しています。
    ※詳細はこちらをご覧ください(リンク先:J-AB公開文書)
  6. 「我が国における心臓植込み型デバイス治療の登録調査」(多施設共同研究)
    当院では、心臓植込み型デバイスによる治療の現状(施設数、術者数、疾患分類、合併症の割合等)を把握することにより、 心臓植込み型デバイスの不整脈診療における有効性・有益性・安全性及びリスクを明らかにし、 更に質の高い医療を目指すことを目的とする多施設共同研究に参加しています。
  7. 「急性冠症候群に続発する心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病の危険因子を検討する後向きコホート研究」(単施設研究)
    急性冠症候群で緊急カテーテル治療をされた患者さんの心的外傷後ストレス障害(PTSD)、 うつ病発症の危険因子を調べることで、カテーテル治療における質の向上に役立たせることを目的としております。
    ※詳細はこちらをご覧ください(リンク先:CONPAC公開文書)
  8. 「心房細動誘発性心筋症と拡張型心筋症原因遺伝子変異の関連の解明」(多施設共同研究)
    ※ 詳細はこちらをご覧ください(リンク先:コホート2説明書)
    「心房細動関連遺伝子と臨床像に関するコホート研究」に以前、 参加していただいた患者さまからいただいたデータを新たな本研究に利用させていただき、二次解析を進めさせていただきます。
    ※詳細はこちらをご覧ください(リンク先:コホート1説明書)
  9. 「複数回の手術を要した心房細動に対する化学的アブレーションの有効性に対する検討」(単施設研究)
    当院では、非弁膜症性心房細動に対して複数回のカテーテルアブレーション治療を要した患者さんを対象に、 マーシャル静脈に対する化学的アブレーションの有効性の検討を目的とした研究を行っています。
    ※詳細はこちらをご覧ください(リンク先:複数回AF説明書)
  10. 「心房細動と合併する脳塞栓予防のプレシジョン・メディシン」(多施設共同研究)
    心房細動およびこれに合併する脳塞栓を予防するために、プレシジョン・メディシン (=精密医療。最先端の技術を用いて細胞を遺伝子レベルで分析し、患者さんの個人レベルで最適な治療方法を選択して行う医療のこと) の開発を行うための研究です。
  11. 「リード抜去症例の実態調査」(多施設共同研究)
    経静脈的リード抜去術を受ける方を対象に、国内にどのくらいの患者さんがいるのか、どういう人がこの治療を受けているのか、 治療方法の違いなどを検証するための研究です。
  12. 「院外心停止を起こした非ST上昇型心筋梗塞における、頭蓋内病変評価と経皮的冠動脈造影検査・形成術の適切なタイミングを検討する後向きコホート研究」(単施設研究)
    2008年1月1日~2019年12月31日に院外心停止で当院に搬送され、経皮的冠動脈造影検査・形成術を施行した患者さんを対象として、 冠動脈の評価と蘇生後脳症の評価の適切なタイミング(治療手順)を明らかにし、今後の治療の質の向上に役立てることを目的としています。
  13. ※詳細はこちらをご覧ください(リンク先:院外心停止の冠動脈と脳症のタイミング)
  14.  「心房細動に対する直接経口抗凝固薬の有効性と安全性の検討」(多施設共同研究)
    非弁膜性心房細動の患者さんを対象に、現在の抗凝固薬療法の実態を明らかにするとともに、不整脈の治療別(薬物治療/非薬物治療)に抗凝固薬の有効性および安全性を評価し、 患者さんの背景に応じた経口抗凝固薬の適性使用方法を検討する研究です。
  15. 「ブルガダ症候群における心電図の成因および心室性不整脈発生機序に関するCT、MRIを用いた検討」(多施設共同研究)
    1999年1月1日~2019年12月31日までにブルガダ症候群と診断された患者さんで、心臓CTや心臓MRIを施行した患者さんの画像データを解析し、 ブルガダ心電図の成因および心室性不整脈発症リスクと画像所見の関連を明かにすることを目的としています。
  16. 「心不全患者に対する、トルバプタン投与による急激な血清ナトリウム濃度変動のリスク予測モデルの検討」(多施設共同研究)
    2011年から2015年に当院で実施した臨床研究、「腎不全合併急性非代償性心不全患者におけるトルバプタンの安全性・有効性を評価した多施設共同非盲検無作為化比較試験(AQUAMARINE study)」 に参加いただいた患者さんの臨床情報を、二次利用する新たな臨床研究を行います。 心不全患者さんの体液貯留改善の治療に際してトルバプタン投与による急激な血清ナトリウム濃度変動リスクの事前予測に資することにより医学の発展に寄与することを目的とします。
    ※詳細はこちらをご覧ください(リンク先:3_災害医療Cオプトアウト雛型20200129)
  17. 「経皮的左心耳閉鎖システムを用いた非弁膜症心房細動患者の塞栓予防の有効性と安全性に関する他施設レジストリー研究 -J-LAAO-」(多施設共同研究)
    当院では、経皮的左心耳閉鎖システムによる治療を受けた患者さんを対象に、治療前後のデータを収集し、 本治療法を安全かつ効果的な治療法として患者さんに届けることを目的とする多施設共同研究に参加しています。 本研究は、主となる日本循環器学会のほか複数の学会が協力して進めています。
    ※詳細はこちらをご覧ください(リンク先:J-LAAO 公開文書)
  18. 「心臓再同期療法デバイス植込みにおけるガイディングシースの安全性と有効性についての検討」(単施設研究)
    2015年1月1日~2019年7月31日までに心臓再同期療法デバイス治療を受けた患者さんの心電図や心臓超音波検査などのデータを解析し、 ガイディングシースによる左室リード留置の安全性と有効性を、選択的カテーテルのみを使用した群と比較することで評価します。
    ※詳細はこちらをご覧ください(リンク先:左室リード留置 公開文書)
  19. 「ブルガダ症候群に対するカテーテルアブレーション」(多施設共同研究)
    2010年1月1日~2018年12月31日までにカテーテルアブレーションを受けた患者さんの術中の電気生理学的特徴、 アブレーション治療後の短期予後・長期予後について調査し、将来、より効果的に治療できるよう他施設で研究します。
    ※詳細はこちらをご覧ください(リンク先:ブルガダ 公開文書)
  20.  「循環器疾患及びリスク因子合併COVID-19入院患者に関する他施設共同観察研究」(他施設共同研究)
    2020年1月1日~2020年5月31日までに入院したCOVID-19罹患(PCR検査陽性)患者さんの循環器疾患合併の実態調査を行い、多角的に検証し、データ解析します。
  21. 「劇症型心筋炎レジストリー」(多施設共同研究)
    劇症型心筋炎は心臓の筋肉に炎症が及ぶ、心筋炎という病気のなかでも、急激に血行動態の破綻を来し、命に関わる経過をとる疾患です。 JROADの大規模データベースを用いた劇症型心筋炎の疾患登録とその解析を行い、重症化予測や有効な治療法について検討、研究を行うことを目的にしています。
    ※詳細はこちらをご覧ください(リンク先:劇症型心筋炎)

お知らせ

患者さんを診療する上で用いた検査・治療のデータを症例報告、臨床研究等に利用させて頂くことがあります。 この場合、お名前・ご住所など患者さんを特定できるようなことは一切ありません(匿名化といいます)。本研究への参加を拒否することもできます。 上記に該当される患者さんで参加を希望されない場合や、ご質問があれば主治医にお尋ねください。参加を希望されなくても診療上患者さんの不利益になることは一切ありません。 ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

スタッフ紹介

【役職】

医長

【氏名】

清水 茂雄

【資格】

総合内科専門医、循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医、
臨床研修指導医、東京医科歯科大学臨床教授

清水 茂雄

清水 茂雄


【役職】

医長、不整脈センター長

【氏名】

佐々木 毅

【資格】

医学博士、総合内科専門医、循環器専門医、不整脈専門医、
植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修履修、
エキシマレーザリード抜去プログラム履修、WATCHMANトレーニング履修、
日本不整脈心電学会評議員、臨床研修指導医、東京医科歯科大学臨床准教授、
東京医療保健大学臨床教授

佐々木 毅

佐々木 毅


【役職】

医長

【氏名】

大野 正和

【資格】

医学博士、総合内科専門医、循環器専門医、
日本心血管インターベンション治療学会専門医、
植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修履修、
臨床研修指導医、東京医療保健大学臨床教授

大野 正和

大野 正和


【役職】

医長

【氏名】

近江 哲生

【資格】

医学博士、総合内科専門医、循環器専門医、
日本心血管インターベンション治療学会専門医、
浅大腿動脈ステンドグラフト実施医

近江 哲生

近江 哲生


【役職】

医長

【氏名】

杉山 浩二

【資格】

医学博士、認定内科医、循環器専門医、臨床研修指導医、不整脈専門医

杉山 浩二

杉山 浩二


【役職】

医師

【氏名】

榊原 温志

【資格】

認定内科医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、
臨床研修指導医、ICLSディレクター、JMECCインストラクター、
緩和ケア講習会受講修了医、浅大腿動脈ステンドグラフト実施医、
日本DMAT隊員

榊原 温志

榊原 温志


【役職】

医師

【氏名】

土屋 勇輔

【資格】

認定内科医、日本心血管インターベンション治療学会認定医

土屋 勇輔

土屋 勇輔


【役職】

医師

【氏名】

戸舎 稚詞

【資格】

総合内科専門医、循環器専門医

戸舎 稚詞

戸舎 稚詞


【役職】

医師

【氏名】

早坂 和人

【資格】

認定内科医、循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医

早坂 和人

早坂 和人


【役職】

医師

【氏名】

土谷 健

【資格】

認定内科医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、心臓リハビリテーション指導士

土谷 健

土谷 健


【役職】

医師

【氏名】

秋元 耕

【資格】

認定内科医、緩和ケア講習会受講修了医

秋元 耕

秋元 耕


【役職】

医師

【氏名】

瀬上 将太

【資格】

緩和ケア講習会受講修了医

瀬上 将太

瀬上 将太


【役職】

医師

【氏名】

有田 凌

【資格】

専修医

有田 凌

有田 凌


【役職】

診療看護師 副看護師長

【氏名】

長澤 領

【資格】

看護学修士、保健師、
AHA BLSインストラクター

長澤 領

長澤 領


【役職】

診療看護師

【氏名】

齊藤 洋子

【資格】

看護学修士

齊藤 洋子

齊藤 洋子

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター