独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 中央医療機器管理室

中央医療機器管理室

更新情報

9月25日更新

中央医療機器管理室について

現在、統括診療部長の下に臨床工学技士8名で構成されています。
医療チームの一員として、医療機器使用時の安全性の向上、臨床業務における安全確実な治療・診断の補助を行うべく日々、努力を重ねています。
業務はローテーションでおこない、関連学会認定による認定士取得や最新の治療法や装置への対応のため、学会や研修会に参加し、知識や技術の習得に努めています。
また、学生実習の受け入れも行い、後進の育成にも積極的に協力しています。


中央医療機器管理室での業務
機器管理システムを導入し、人工呼吸器、補助循環装置をはじめとした高度管理医療機器を中心に保守点検・管理をおこなっています。病棟への貸出・返却管理は機器管理システムとバーコードを使用した方式でおこなっています。
メーカー主催のメンテナンス講習などに積極的に参加し、院内保守の充実を図っています。


ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター