独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 臨床検査科 > 病理検査

病理検査

病理検査

 病理検査とは、病気(疾患)の診断や原因(病因)の究明を目的とした検査です。
 手術または内視鏡検査等で採取された臓器、生検組織、体腔液、尿、喀痰などから標本を作製し、
 染色を施した後に顕微鏡を用いて詳しい診断を行います。
 病理組織検査、術中迅速組織検査、細胞診検査、病理解剖が含まれます。

病理組織検査

 手術や生検などで採取した組織の標本を作製し顕微鏡により観察して病理医が診断します。


細胞診検査

 体腔液・尿・喀痰や針で吸引して細胞を採取したものから標本を作成し、臨床検査技師の資格を有し日本臨床細胞学会認定の細胞検査士が異常細胞を拾い上げ、最終的な細胞診断は病理医が行います。


病理解剖(剖検)

 採取した組織について病理標本を作製し、病理学的手法によって死因を究明します。剖検は死体解剖保存法に従って死体解剖資格を有する医師が実施します。

病理組織検査の方法



術中迅速組織検査とは

 手術中に腫瘍が取り切れているか、転移はないかなどの確認ための検査です。検体を凍結させて約4μmの薄さに切り標本を作製・染色して病理医が顕微鏡で見て診断します。
 約20分以内に手術室に報告して、場合によっては手術方法の変更にもつながる、とても大切な検査です。


ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター