独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 内視鏡室

内視鏡室

内視鏡室

内視鏡室


内視鏡室受付

災害医療センター内視鏡室は、消化器内科を中心に、消化器外科・呼吸器内科・救命科に所属の医師と共に内視鏡業務を行っています。


消化器内視鏡学会が認定する 内視鏡指導施設 に認定されています。


災害医療センターの内視鏡医療は、安全・安心で質の高い医療 を提供できるように取り組んでいます。


内視鏡室看護師

内視鏡検査室3室(内1室は治療室)、X線透視・超音波検査室1室を有しています。

コワイ・・・や、不安への取り組み




こんな 悩みの方はいませんか?

災害医療センターでは、患者さんのつらさ、不安を取り除く試みをしています。


① 鎮静上部内視鏡検査

ミダゾラムを注射して、胃カメラを行います。人によっては、寝ているうちに終了していることもあるようです。
(患者さんの持病によって使用できない事があります。)

② 鎮痛下部内視鏡検査

ペチジンを注射して 大腸カメラを行います。寝てしまう事はなく、カメラがお腹の中で動くのもわかりますが、痛みは軽減されます。 (患者さんの持病によって使用できない事があります。)

③ 経鼻内視鏡

口から入る胃カメラより細いため、「オエッ!」となる程度が軽減されます。 また、鼻から挿入されるため、会話が可能です。
(スクリーニングには適しますが、精査には向きません。)

④ ペパーミントオイルの使用

胃カメラの場合、胃の動きを止めないと、奥の観察ができないことがあります。 今までは、肩に胃の動きを止めるブスコパン注射をしていました。 しかしブスコパンには副作用もあり、使えない患者さんもいました。 ペパーミントオイルは、胃の中に直接散布するので、副作用なく使用できます。


内視鏡室へのご案内


内視鏡担当医表

内視鏡室内写真1




内視鏡検査室の1室を大きく設定しており、 内視鏡治療(早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や、大腸EMR、内視鏡的止血術、異物除去など)を行いやすいようにしています。



内視鏡室内写真2


内視鏡室内にX線透視室を配置しており、ERCPなど 胆膵内視鏡や、内視鏡下消化管バルーン拡張術、 消化管ステント留置術、内視鏡的イレウス管挿入術、 気管支鏡、胸腔鏡など、X線透視を併用した内視鏡検査・治療が行える事が利点です。 また、この部屋には、超音波内視鏡装置も配備しています。 胃癌の深達度診断や、GISTの生検、また超音波内視鏡下に、胃の裏にある膵癌の穿刺細胞診ができます。



この部屋以外にも 内視鏡治療も可能な機器を搭載した検査室が2部屋あります。



回復室室内写真1


近年、鎮静剤や鎮痛剤を使用した内視鏡の件数が増加しています。 また、当院では低侵襲医療として、内視鏡での治療を推進しているため、セデーションをかける患者さんも増加しています。 そのため、内視鏡後の回復室(リカバリー)を充実させています。



回復室室内写真2




リカバリーには ベット1床、リクライニング椅子4台、合計5床あります。



数字で見る内視鏡室


内視鏡件数

内視鏡担当医師


上市 医師

佐々木 医師

大野 医師

五十嵐 医師

石坂 医師

中嶋 医師

島田 医師

上條 医師

木谷 医師

海老島 医師

高野 医師

消化器内科ホームページ はこちら
医療情報ブログ    詳細はこちら

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター